アメリエフのブログ

バイオインフォマティクスの紹介と社員の日々
いよいよ!!
クリスマスが近づいてきましたね。
いくつになってもソワソワしているタノです。

今日は、会社内の年末掃除と年末ミーティングを行います!
いよいよ年末が近づいてきた!!という心境です。

弊社ブログは、本日までとなっております。
ブログ開始は2012年1月10日からです。

皆様、よいお年をお迎えください!
| | よもやま話 | 15:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
GWAS解析で2型糖尿病発症の原因遺伝領域発見!
2型糖尿病の発症に関与したな遺伝子領域を発見

糖尿病には、1型糖尿病と2型糖尿病に分類されます。
(1型はインスリン依存型、2型はインシュリン非依存型です)

2型糖尿病は、遺伝的に糖尿病になりやすい体質(遺伝因子)の人が、糖尿病になりやすいような生活習慣を送ること(環境因子)によって2型糖尿病になると考えられているそうです。
Wikipedia参照

今回は、東アジア人のゲノムワイド関連解析(GWAS)を行っています。
約250万箇所のSNPに対して解析を行い、8か所のSNPが今回新たに2型糖尿病の発症に依存することがわかったようですね。

ぜひこちらの論文を読んでみたい!!!

GWAS解析受託にご興味のある方はこちらをご覧ください



| | SNP解析 | 16:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
モンゴル族の全DNA配列を解明
本日は気になるニュースについて記述します。

モンゴル族の全DNA配列を解明

チンギスハンの子孫のDNA配列を基に、モンゴル族の全DNA配列を解明したそうです。どれくらいのサンプル数で比較したのでしょう。

相撲界でもモンゴル出身の方々が活躍されています。
あの強さの源もゲノム上に組み込まれているのでしょうね。
気になります。
| | バイオ | 19:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
あっという間の一年
こんにちは。
タノです。

気づけば、あと2週間で2011年が終わります。
あっっっと言う間でした。

個人的なことではありますが、本当に中身の濃い一年を過ごさせていただきました。

2011年1月早々、公聴会。インフルエンザ。学位の取得。。。。
そして4月から入社!!
入社してまだ8カ月しか経っていないの?!と思うくらい会社に
馴染んでしまいました。

これも社長をはじめとした社員のみなさまが指導してくださり、かつお客様が支えて下さったおかげだと思っています。
ありがとうございました。

というわけで、残り2週間、ラストスパートです!!

| | よもやま話 | 17:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
ついに今年もやってきた!
今年もインフルエンザの季節が到来しましたね。

インフルエンザ、流行入り
より詳細な情報はコチラ

インフルエンザの予防接種は、受けられましたか?
前回、予防接種について書きましたが、当の本人はまだ受けていません。。。
(前回の記事はコチラ

偉そうなことを言っておきながら、恥ずかしい限りです。
受けないといけませんね。
次のお休みの時に受けに行こうと思います。

明日は、いよいよ今年最後のバイオインフォマティクス勉強会です。
内容は、ChIP-seqです。私も楽しみにしています。
| | よもやま話 | 17:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
営業日のお知らせ
本日は、弊社年末年始の営業日についてお知らせいたします。

■ 年末年始休業期間
2011年12月29日(木)から2012年1月3日(火)まで


また、下記の期間に関しましては、営業は致しておりますが、
メールでのみの対応とさせていただきます。
あらかじめご了承頂けますと幸いです。

■ メール対応のみの期間(ブログもお休みします)
2011年12月26日(月)から2011年12月28日(水)まで
2012年1月4日(水)から2012年1月6日(金)まで

よろしくお願いいたします。
| | 会社のこと | 17:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
赤穂浪士
年末といえば、大掃除や年越しそば等が挙げられますが、
忘れてはいけないのが、“赤穂浪士”です!!

今日は、そんな赤穂浪士のニュースを見つけたので、ご紹介します。

赤穂浪士の自筆?

毎年、年末にドラマ化される赤穂浪士伝ですが、今で言う敵討が美談とされているお話です。

ドラマでは殿様に仕える浪士の“忠誠心”が大きく描かれていますが、(個人的に)内心、当時の浪士はドラマのような“忠誠心”を持つ人などいなかったのではないかと思っていました。
あれは、ドラマの中の世界だろうと。

しかし今回見つかった遺書に書かれていた“手柄を立てて死ねれば幸せ”という言葉は、純粋にその“忠誠心”を表していると感じました。
やっぱり美談と感じますねぇ。
| | よもやま話 | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
日本分子生物学会
第34回 日本分子生物学会 年会が本日より開催されます(詳しくはコチラ)。

弊社は、今回の年会で特別な展示を行っておりませんが、開催中、弊社社員が勉強のため参加します。
とても興味深い発表ばかりなので、とても楽しみです。

日本分子生物学会
開催日:2011年12月13日(水)-16日(金)
会場:パシフィコ横浜(地図はコチラ


| | よもやま話 | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
【締切】12/17(土)ChIP-seqデータ解析入門
12月17日(土)に開催される第11回バイオインフォマティクス勉強会「ChIP-seqデータ解析入門」は、お申込み数が定員の24名となりましたので、募集を締め切らせていただきます。

多数のお申込みをいただきまして、誠にありがとうございました。

お申込みをいただきました皆様、当日お会いできます事を、楽しみにしております。
| 事務担当Y | 勉強会 | 12:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
皆既月食
明日は、皆既月食だそうです。

<皆既月食>10日夜、全国で観測可能 満月が地球の影に

明日は天気も良いそうですよ。
とても楽しみです。

個人的な意見ですが、私は、日食よりも月食の方が好きです。
肉眼で見れますからね。
| | よもやま話 | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
ニューヨーク医薬品フォーラム
本日は気になるニュースをご紹介します。

NYで「医薬品フォーラム」が開催される

上記フォーラムのテーマは、
人間の設計図ともいえる全遺伝情報(ゲノム)解読を生かした新しい医薬品開発と治療法だそうです。

上記テーマは、まさに研究者によるwetな観点とバイオインフォマティクスの手法を取り入れることでなしえるものだと思います。
ワクワクしますね。



| | バイオ | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
引っ越しました!
突然ですが、本日より弊社は、移転しました。
そのため本日は、朝から弊社移転後の片づけを行っておりました。


移転と申しましても、同じ階の別のお部屋に移動しただけなのですが、
お部屋の広さが、前のお部屋の約2倍になりました!!!
とても広い!!
空間に慣れるまで時間がかかりそうです。

お部屋が大きくなったことで、サーバー構築などの作業スペースが増え、個人的にはとても効率よくお仕事させていただいております。

心機一転がんばります!!
| | 会社のこと | 18:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
明日がラストです!
いよいよ明日は、バイオインフォマティクス・スクール Linux講座 10月期の最終日です!!


発案・準備からあっという間でした。
反省する点も多々ありましたが、私個人としては、とても有意義な時間を過ごすことができました。

自分の成長やまだまだだな・・と思うことなど、自分自身を見つめなおすいい機会だったと思います。


明日は、大詰めです!
実際に簡単な解析を行っていただきます!



| | スクール | 17:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
なぜSELinuxを解除するのか
昨日の記事にて、SELinuxはセキュリティOSであると述べました。
詳細はコチラ

ではなぜSELinuxを解除する必要があるのでしょうか。

昨日の図に記載しましたが、SELinuxは、サーバー内のファイルや個人情報にアクセスすることを防ぐセキュリティです。

LinuxサーバーをグループAがアクセス(使用)できるようにネットワーク環境を構築しても、SELinuxがそのアクセスを防御するため、
グループAの人たちは、Linuxサーバー内のファイルにアクセスすることができません。



閉鎖したネットワーク環境であったり、セキュリティーはファイヤーウォール等に任せるから、アクセスできるようにしたい!というときは、
このSELinuxを解除しなければいけません。
| | システム | 18:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2011 >>

このページの先頭へ