アメリエフのブログ

バイオインフォマティクスの紹介と社員の日々
<< SeqCap Epi連載[2]|解析パイプラインの概要 | main | SeqCap Epi連載[3]|Trimmomticでシーケンシング用アダプターを除去 >>
ビブリオバトル
書評合戦、またはビブリオバトルというものご存知でしょうか?

何人かで順に、自分の好きな本を5分間の持ち時間の中でアピールし、それぞれの発表についてディスカッションを行った後、最終的に誰がアピールした本を読みたくなるか競うというゲームです。
非常に単純なルールで、必要なのは人数と本、5分を測るタイマーのみ、老若男女を問わず誰でも行えます。

先日某所で開催されたビブリオバトルの様子を見る機会がありました(自分では発表していないのですが)。
自分の好きなものについて、5分間好きなだけ語るという機会はなかなかありませんが、この5分、短いように思えてなかなか長いようです。なにしろ、本ということでネタバレせずに面白さだけを伝えなくてはならないのですから、話せる内容も限られてしまいます。

そんな制限の中、核心に触れず、いかに相手の興味を引く発表をするかと頭を使うことで、プレゼンテーションの練習になりそうです。
ですが、このゲームのもっとも大きな魅力は、何人かで好きな本を持ち寄って発表するため、普段読まないジャンルの本の話を聞くことができるところではないでしょうか。

昨日、そのビブリオバトルで紹介された本を買いました。
読書の秋のちょっとしたイベントに、ビブリオバトル、いかがでしょうか。
| kubo | よもやま話 | 14:43 | comments(0) | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

このページの先頭へ