アメリエフのブログ

バイオインフォマティクスの紹介と社員の日々
<< 新入社員の久保です | main | SeqCap Epi連載[1]|NGSでメチル化解析 >>
FastQCの新機能
FastQCにv0.11.1から次のチェック項目が追加されています。

・Per tile sequence quality
タイル単位のクオリティが出せるようになりました。


・Adapter Content
これまではOverrepresented sequencesでアダプタも確認していましたが、アダプタ混入率を示す専用の項目ができました。


Duplication moduleやK-mer moduleも改良されたそうです。
また、まだ試していませんが、OK/Warn/NGの閾値がカスタマイズできるようになったそうです。

後はレポートHTMLが、-oで指定したディレクトリ直下に単体で出力されるようになったのが、個人的には嬉しいです。
前はディレクトリの中に他のファイルと一緒にHTMLが入っていたので、サンプル数が多いとディレクトリをポチポチ開いてレポートを見て回るのが地味に面倒くさかったんですよね。

オープンソースのソフトなのに高機能でどんどんブラッシュアップもされていて、ユーザとしては本当にありがたいです。
| hat | バイオインフォマティクス | 14:18 | comments(0) | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

このページの先頭へ