アメリエフのブログ

バイオインフォマティクスの紹介と社員の日々
<< Pythonで計算する時の注意点 | main | 続・Rでgrep >>
数値をカンマで3ケタ区切りにする
先日、数年ぶりに同い年の従兄弟に会いました。彼は正規表現の研究をしています。具体的にどんな研究をしているのか想像できないのですが、日頃からお世話になっている技術なので、お礼を言っておきました。

ということで、正規表現を使って、数値を3ケタのカンマ区切りにする方法をご紹介します。PerlとPythonです。

・Perl
$num = 1234567890;
$num =~ s/(¥d{1,3})(?=(?:¥d¥d¥d)+(?!¥d))/$1,/g;
print "$num¥n";
・Python
import re   #正規表現操作モジュールのインポート
num = 1234567890
num = re.sub(r'(¥d)(?=(¥d{3})+(?!¥d))', '¥¥1,', str(num))
print num
以上のソースコードをそれぞれファイルに保存して実行すると、以下のように3ケタごとにカンマで区切られた結果を出力します。
1,234,567,890
Pythonの場合、localモジュールを使う方法もありますが、今回は正規表現を使った方法のみのご紹介でした。
| heshi | システム | 15:38 | comments(0) | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

このページの先頭へ