アメリエフのブログ

バイオインフォマティクスの紹介と社員の日々
<< 【バイオインフォマティクス勉強会】SNPデータ解析入門 | main | マインドマップを描きたくなる本 >>
PBSIM
tokunagaです。
本日はBioinfomaticsで気になる記事を見つけましたのでご紹介いたします。

Bioinformatics. 2012 Nov 4
PBSIM: PacBio reads simulator–toward accurate genome assembly
Ono Y, Asai K, Hamada M


PacBioのシーケンサーから出力されるリードの特徴としてCLR(長いがエラー率の高いリード)とCCS(短いがエラー率の低いリード)があるそうです。その特徴を考慮し、model-basedとsampling-based methodというアルゴリズムを使ってゲノムのアセンブルを行うシュミレーターについての記事です。

以下のサイトからLinux用にコンパイル済みのツールとソースコードがダウンロードできます。
http://code.google.com/p/pbsim/downloads/list

もしご興味のある方は試してみてはいかがでしょうか?
また、気になるツールを見つけましたらご紹介いたします。
| tokunaga | バイオインフォマティクス | 16:11 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.amelieff.jp/trackback/194495
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

このページの先頭へ