アメリエフのブログ

バイオインフォマティクスの紹介と社員の日々
<< 【バイオインフォマティクス勉強会】RNA-seqデータ解析入門 | main | 5/18(金)は全社員研修のため営業は休止させていただきます >>
fastq format
今日から次世代シーケンサー解析で使われているformatについて書いていきたいと思います。
まず、今回はfastq formatについてです。

・構成
塩基配列と各塩基に対するquality valueの情報が書かれているテキストファイルです。各リードは4行で構成されています。


[例]
 @SRR022885.1 BI:080102_SL-XAR_0001_
  FC201E9AAXX:6:1:752:593
◆CGTACCAATTATTCAACGTCGCCAGTTGCTTCATGT
 +
ぁIIIIIIIIII>IIIIIII@IIII.I+I>35I0I&+/

次回に続きます。
| tokunaga | バイオインフォマティクス | 14:49 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.amelieff.jp/trackback/177398
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

このページの先頭へ