アメリエフのブログ

バイオインフォマティクスの紹介と社員の日々
<< 言葉の違い | main | 「NGS現場の会 第2回研究会」出展のご案内 >>
英語の論文を読む際に便利なツール
akbです。
ブログ更新の順番で、1週間の早さを実感しております。

さて、今日は英語の論文を読む際に便利なツールを紹介します。

1.準備するもの
下記の 銑をインストールします。
.屮薀Ε供Fire fox
▲▲疋ン:Greasmonkey
(https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/greasemonkey/)
スクリプト:『Fast look up JP and EN』
(http://userscripts.org/scripts/show/12901)

2.インストール後の確認
ブラウザ画面の右上か右下にサル(monkey)のアイコンが表示されていればOKです。
サルのアイコンに色が付いてない場合は、アドオンが有効になっていないので、アイコンをクリックして"有効"にチェックをいれます。
サルのアイコンの隣にある下矢印を押すと『Fast look up JP and EN』にもチェックが入っていることが確認できます。
ここで、『ユーザースクリプトコマンド』を選択し、『Fast look up JP and EN-reset setting』の項目をクリックします。

3.起動確認
画面上で、『Alt+y』を押します。
すると、ポップアップ画面が表示されるので使いたい辞書にチェックをいれます。チェックは数字で表記されますので、使いたい順番にクリックしていきます。(画像を参照)


4.いざ実践
web上の英語ページにいきましょう。
検索したい単語の上にマウスのカーソルを持っていき、Altキーを押しながらダブルクリックします。
辞書が表示されれば成功です。
(画像はRNAという単語の上でダブルクリックをした結果です)


これで、論文講読のスピードも上がると思いますので、ぜひお試しください。
| akb | バイオインフォマティクス | 18:24 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.amelieff.jp/trackback/175220
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

このページの先頭へ