アメリエフのブログ

バイオインフォマティクスの紹介と社員の日々
<< 孔脳症の原因遺伝子を発見 | main | 生命情報工学研究センターワークショップ 2011 >>
Ion Proton Sequencer
2012年1月10日(米国現地時間)、Life Technologies社がIon Protonシーケンサの先行受注を開始しました。
「1日と1000ドルでヒトゲノム解読を実現するシーケンサ」の登場です。
PGM(Ion Personal Genome Machine)の半導体シーケンシング技術を基盤としています。
すでに、ベイラー医科大学、イエール大学医学部、およびBroad Instituteの導入が決定しているそうですよ。

2種類のチップが、紹介されていました。
1. Ion Proton I Chip
 ヒトエクソーム2人分、10Gbase/ラン、1000ドル/ラン
2. Ion Proton II Chip
 ヒトゲノム1人分、100Gbase/ラン、1000ドル/ラン
スループットと費用は予定の段階だそうですが、短期間に低価格でスケールアップを実現するポテンシャルの高さは、半導体シーケンシング技術ならではということになるのでしょうか。

気になる価格ですが、下記のとおりです。
シーケンサ本体のみ: 149,000ドル
シーケンサ本体+サーバー+その他システム: 244,000ドル

プレスリリースはこちらです。
http://www.lifetechnologies.com/us/en/home/about-us/news-gallery/press-releases/2012/life-techologies-itroduces-the-bechtop-io-proto.html
日経バイオテクに、日本語の記事があります。
https://special.nikkeibp.co.jp/ts/article/ab0a/115203/

日本では、今年の秋にリリースされるそうですよ!
シーケンサ本体+サーバー+テンプレート調製自動システムIon OneTouch システム :3360万
詳細はこちらです。
http://www.appliedbiosystems.jp/website/jp/product/modelpage.jsp?BUCD=138106&PLCD=138105&MODELCD=142136
| きむ | 次世代シーケンサー解析 | 09:15 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.amelieff.jp/trackback/170235
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

このページの先頭へ