アメリエフのブログ

バイオインフォマティクスの紹介と社員の日々
<< PLINKの使い方3 | main | 「QuickGWAS Academic」リリースのお知らせ >>
Next Generation Sequencing Platforms「第四世代シーケンサー5」
Ion Personal Genome Machine (PGM™) sequencerについて、この場を借りて、簡単にメモしたいと思います。

・原理について
半導体チップ上の各ウェルでシーケンシングが行われる。
ヌクレオチドがポリメラーゼによってDNA鎖に取り込まれる時に、副産物として水素イオンが放出される。PHの変化は、イオンセンサーに感知され電圧に変換される。電圧の変化は、半導体に伝えられ出力される。
わかりやすい図や説明はここで見られます。
downdowndowndown
http://www.iontorrent.com/the-simplest-sequencing-chemistry/

Ion 314 Sequencing Chipについて
スケール:130万ウェル
データ量:10Mb以上
リード長:100base

クローニングはemulsion PCRで行うようです。

【参考】
・Ion Torrent Systems
http://www.iontorrent.com/
| きむ | 次世代シーケンサー解析 | 19:40 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.amelieff.jp/trackback/137642
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

このページの先頭へ